マッチングアプリのサービスについての疑問を解消しましょう

マッチングアプリのサービスについての疑問を解消しましょう

70view

2018.09.08

マッチングアプリのサービスとは

出会い系サイトの進化した形

ガラパゴスケータイが一般的だった一昔前は出会い系サイトといえば怪しい人が登録していたり、事件に巻き込まれたりする可能性があるといった情報も多く出回り、出会いを提供するサイトへの悪い印象は強かったですよね(;・∀・)

怪しい出会い系から、安全なマッチングアプリへ

それがここ10年あたりで、だんだんとマッチングアプリという名前に変化して危険性が少なくなるように、いろいろな安全対策がとられていき、マッチングアプリは、ネット上で出会える新しい場所としての地位を確立してきました。

出会い系サイトというものは「組み合わせる、引き合わせる」という意味をもつマッチングという言葉を使ったマッチングサイト・マッチングアプリとして、恋活や婚活の新しい市場として

気持ちにあったサイトをチョイスできるマッチングアプリ

お友達、恋活、婚活など、本気度によって、マッチングアプリが普及するにつけ、住み分けできるほど、さまざまなサイトが出現しています。

出会い系サイトとはどう違うの?

出会い系サイトと違いマッチングアプリが急速にその信用や利用者数を増やしている背景にはいくつかポイントがあります。

いくつかあるポイントとしては業者や詐欺師といった人物と出くわすことが少ないというイメージや真剣に出会いを求める人物が集まっている場所であるということが挙げられます。

  • サクラや業者などを徹底的に排除するシステム
  • 個人情報提出を義務づけている
  • 定額価格を採用している

こうした理由が出会い系サイトと違いマッチングアプリが人気になったりボジティブな意見が集まったりしたのも1つ大きな要因です。

また、急にマッチングサイトが広がって来た大きな理由は、スマホ中心のアプリで完結することです。家族と同居している人だと、パソコンが共用であったり、立ち上げるの面倒。メールを読むまでに時間が掛かるなど言うことがありました。

しかし、手元にスマホがあるようになって、即時性がほとんど同じなのにこれだけ普及の差が広がるのもスマートフォンの普及があってこそであると言えます。

安心を感じるのFacebook認証があるから

マッチングアプリの急速な普及は利用ユーザーに悪質な人が少ないというイメージを持たれているからです。というのもほとんどのマッチングアプリでは登録の際にFacebookの登録を利用します。

Facebook連動アプリが増えています

今や誰もが使っているソーシャルネットサービスの中でも実名制を売りにしているFacebookの登録情報を利用することで、マッチングアプリに登録している人は実在する人物であるという真実味が増すのです。

また実名で登録しているという点も安心につながります。Facebookではアイコンに設定する画像も基本的には本人が映ったものとされており、顔写真をネット上に公開するという文化ができたきっかけでもあります。

これは個人情報的な面でいうと賛否両論がありますが、マッチングアプリ内でも本人の顔写真を使うことが規定されておりマッチング相手の顔も確認でき誰なのかわからない不安というものから解消される結果を生んでいます。

こうした部分で安心感を持ってマッチングアプリを使用できるため利用ユーザーが瞬く間に増えてきたのです。

月額会員制で本気の人と出会える

またこれまでの出会い系サイトではメールのやり取りが1通○円、通話が1分○円といった課金の仕方となっていました。

女性無料・男性安心の定額制

しかし、マッチングアプリではメッセージのやり取りといった全てのアプリサービスを使用するために月額制の有料会員登録を求められるところが多いです。

これにより詐欺を働いたり、犯罪に引き込もうとするような悪質ユーザーはわざわざお金を払ってまではマッチングアプリを利用しない場合がほとんどです。そしてこうした悪質ユーザーが少ないという認識を利用ユーザーも持つようになりました。

こうして会員登録するためにわざわざコストをかけてマッチングアプリを使用する人のみが集まっているという印象を持つことができ、出会いたいと真剣に思っている人が利用している場所というイメージも格段によくなってきています(*´з`)

実際に出会えるという体験談が増えたから人気が加速

マッチングアプリがいくら安心安全に利用できると言われていても、本当にマッチングできて恋人や結婚相手が見つかったという体験談がなければ利用する人は騙されたと思いますし増えません。

実際に出会えた体験談がマッチングサイト増加の呼び水

マッチングアプリの人気を加速する原因となったのは何よりもちゃんと出会えたという体験談が圧倒的に多いからです(≧▽≦)

またネットという場所で、出会ったことを周りに言えるような社会に変化してきているという点も大きく影響しているでしょう。今や、海外では、3組の1組の結婚が、マッチングサイトで知り合ったと言われています。

同じ職場の人がマッチングアプリで結婚した、友人がマッチングアプリで恋人を見つけたといったように、新規でユーザー登録を考えている人の周りでもマッチングアプリのサービスの結果を目にしたり耳にしたりする機会が増えています。

そうした内容を実際に近くで感じたからこそ「今度は自分が出会う番になれるかも」という気持ちが起こってユーザー数や人気を集めることに繋がったといえます。

日本国内のマッチングアプリ業界はまだまだ成長途中

若者を中心に急速に広まっているマッチングアプリですが、そうはいっても全体数としては利用年齢に偏りがあったり、都市部では活発な一方、地方ではあまり出会えないといった体験談もあり、まだまだ成長途中の業界であると言えるでしょう。

海外の最新統計では、結婚した3分の1がマッチんアプリでの出会い!

今後さらにネットを通じて出会うということがスタンダードなことと変わっていくと考えられますし、そうした認識が普及すればするほどマッチングアプリを利用するユーザーも増えていくと予想されています。

あなたから、マッチングサイトの話をしてみると、以外に友人・知人で活用している人もいる確率大です(≧▽≦)

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る